×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

【使用者の感想あり】性交痛には自然で安全な潤滑ローション
安全・自然な潤いで楽しむための、自然の素材の、女性の若さをサポートする潤滑ローション

潤滑ローションで性交痛を解消
【安い順】性交痛には潤滑ローション お手軽購入

オーガズムを経験できるプロの不感症解消ノウハウ「感じるときが幸せになるとき」
幸せになれるオーガズムを経験する方法、プロが作成した不感症解消ノウハウ

性交痛で悩みの女性にオススメ商品
多くの女性が悩んでいるSEX時の性交痛に!さりげなくぬれるのがいいね☆

スポンサードリンク

性交痛で悩みの女性にオススメ商品
多くの女性が悩んでいるSEX時の性交痛に!さりげなくぬれるのがいいね☆

【使用者の感想あり】性交痛には自然で安全な潤滑ローション
安全・自然な潤いで楽しむための、自然の素材の、女性の若さをサポートする潤滑ローション

セックスシフト【女性版】
セックスとは、コミュニケーションのひとつであり、同時に、その枠には収まりきらない大きなものです。

性交痛用のアイテム【新着順】
性交痛でお困りの女性の為のアイテムを新着順で紹介

性交痛とは?

性交痛とはセックスをしている時に濡れているのに「痛い」と感じる痛みのことを性交痛と言います。
また、セックス時にあまり濡れなくなり、「痛い」と感じるような場合も性交痛となります。
性交痛の症状としては、セックス時に軽度の痛みがあり、セックス後に痛みが残らない場合やセックス中に痛みを感じて、セックスを途中でやめないといけないぐらいの痛みを感じた場合。
さらに、セックスをしようとしても痛みがありはじめからセックスが出来ない場合やセックス時に膣がけいれんを起こす痛みを感じる場合などが性交痛に該当するといえると思います。
性交痛になるにはいくつかの原因が考えられますので、実際に、性交痛になった場合には、これらの原因に該当する事がないかを確認してみるのも良いのではないでしょうか。

   スポンサードリンク
    オーガズムを経験できるプロの不感症解消ノウハウ「感じるときが幸せになるとき」
   幸せになれるオーガズムを経験する方法、プロが作成した不感症解消ノウハウ

    性交痛で悩みの女性にオススメの潤滑オイル
   多くの女性が悩んでいるSEX時の性交痛に!さりげなくぬれるのがいいね☆


性交痛の原因

性交痛の原因には、セックスをしていて、性的な刺激を女性が受けた場合には、腟内の潤滑油にする為に、バルトリン腺という部分から分泌液を出します。
性交痛になる原因は、この分泌液の分泌量が少ないために痛みを感じることになります。
さらに具体的に性交痛の原因を考えてみると、そのひとつは、45歳〜55歳程度の年齢の女性の場合には、更年期になった事により、女性ホルモンのエストロゲンが不足している場合があります。
さらに、若い女性の場合には、出産後に膣内や子宮などの体の機能の回復が不十分である場合に性交痛の原因となる場合があります。
さらに、若い女性の場合で、出産をしていな人の場合には、精神的になんらかのダメージを受けた事が原因で、性交痛になる場合もあるようです。
さらに、性交痛の原因になりえるのは、セックスの回数が年に数回や月に1回などのように極端に回数がすくない場合には、性交痛になる事もあります。

性交痛の悩みの改善する方法

性交痛の悩みの改善する方法は、まずは、男性としっかりとコミュニケーションを行なう事が必要になります。
もしも、性交痛になり、痛みを感じた場合には、素直に男性に伝えるようにしましょう。
そのうえで、水性の潤滑剤の使用をしてみたり、前戯にかける時間を今まで以上に長くするようにする事によって、潤いが増す事により、性交痛の悩みの改善する場合もあります。
ただし、45歳〜55歳などのように、更年期が始まった女性の場合には、エストロゲンという女性ホルモンの減少が原因になりる事が多いので、このような更年期による性交痛の悩みの改善する方法は、不足したエストロゲンを足すホルモン補充治療などを行なう事ができます。
もしも、性交痛の痛みを我慢している状態が続いた場合には、性交の性交痛の痛みの恐怖心から、挿入時に女性が無意識に腟の筋肉が収縮するようになる場合があります。このようになった場合には、男性に協力してもらい潤滑剤を使用したり、痛みを感じない体位なで性交痛の痛みを感じないようにして恐怖心を取る必要もでてきますので、対策が難しくなりますので、性交痛と思ったら早い段階で、相手の男性と話し合って、対策を取っていく方が良いでしょう。

Copyright © 2007 性交痛でお悩みの人の原因・改善